ガマの葉の断面
The section of the leaf of the reed mace.
fig.01 水生植物4種
fig.01 水生植物4種 (左から、ヨシ・マコモ・ガマ・ハス)
fig.02 ガマの葉(表面)
fig.02 ガマの葉(表面)
the leaf of the reed mace.
Typha latifolia L.
fig.03 ガマの葉(表面)
fig.03 ガマの葉(表面)
拡大
fig.04 ガマの葉(裏面)
fig.04 ガマの葉(裏面)
拡大
fig.05 ガマの葉
fig.05 ガマの葉
横断面(左が表面)
fig.06 ガマの葉
fig.06 ガマの葉
横断面(隔壁中央部)
fig.07 ガマの葉
fig.07 ガマの葉
横断面(右が裏面)
fig.08 ガマの葉
fig.08 ガマの葉
横断面(導管部の拡大)
fig.09 ガマの葉
fig.09 ガマの葉
横断面(充填細胞の拡大)
fig.10 ガマの葉
fig.10 ガマの葉
横断面(裏面導管部の拡大)
【要旨】
ガマ(蒲)の葉(the leaf of the reed mace.)の特徴を明らかにするために、形態観察を行った。
葉の表裏面は、硬質で緑色が著しく、手ざわりは滑らか。
三日月型に湾曲した横断面の内部に、隔壁細胞で仕切られた16室の通気道が観察された。
いくつかの通気道には、不定形な充填細胞が観察された。

【緒言】
ガマ(Typha latifolia L.)は、韓国語で材料のカムが濁音化したものが語源とされる、 ガマ科の抽水性多年草(2n=30)である。
花粉を薬用(漢方)、穂綿を詰物(蒲団の語源説あり)、葉を敷物、茎はすだれ等に利用され、 北海道から九州・北半球の温帯〜寒帯・オーストラリアに広く分布している(大滝 1980)。
本研究では、草食魚ソウギョ(Ctenopharyngodon idella.)の餌料の一部として、ガマの利用の可能性を探るため、 ソウギョの消化管内容物との比較資料を得る目的で、ガマの形態観察を行った。

【材料と方法】
ガマ供試品は、2008年11月21日、茨城県牛久沼で採取し用いた(fig.01)。
観察開始時に、供試品の幅と厚みを金属定規で測定し、その後、安全カミソリの刃(フェザーハイステンレスFH-10 刃厚100μm) を使用した徒手切片法により、葉の横切片を作り、 光学顕微鏡(オリンパス生物顕微鏡EH)で表裏面と各断面を観察した。
また、フジ写真フイルムデジタルカメラFinePix6800Z改造顕微鏡専用機を用いて、 自動露出に設定し、表裏面と各断面の顕微鏡写真を撮影した。

【結果と考察】
葉の最大幅は18mm、厚みは5mm、表裏面とも緑色が著しい(fig.01-fig.04)。
三日月型に湾曲した横断面の内部に、隔壁細胞で仕切られた16室の通気道が観察され、 あたかも大型船舶の隔壁や航空機の翼に似たリブ構造による強度補強を見るようだ(fig.01)。
葉の表裏面は、硬質で、手ざわりは滑らか。
葉の表面側導管部と裏面側導管部を結んで隔壁細胞があり、隔壁細胞で仕切られた いくつかの通気道には、充填細胞が観察された(fig.05-fig.10)。
充填細胞は、変形網目状(または変形ハニカム状)で不定形であった(fig.06 & fig.09)。
ソウギョは、咽頭歯で餌料植物をすりつぶして採餌すると考えられるため、葉をすりつぶした供試品 の形態観察は今後の課題である。

【参考文献】
(※01)大滝末男・石戸 忠(1980):ガマ.日本水生植物図鑑.北隆館,東京,pp.258−259.
(※02)土屋 実・中村一雄・船坂義郎・寺尾俊郎・粟倉輝彦(1970):草魚・連魚.草魚・姫鱒他.緑書房,東京,pp.11−89.
(※03)宮地傳三郎・川那部浩哉・水野信彦(1981):
ソウギョ.原色日本淡水魚類図鑑(原色図鑑32)全改訂新版6刷.保育社.大阪,pp.151−154.
(※04)● 作組(1983):草魚.中国薬用動物志.天津科学技術出版社,天津・中国,pp.203−205.(姓は十偏にソウ=刀の両脇にハネ点)
(※05)よしさん(2003):「釣り人ご用達・水生植物水草図鑑」.「ザ・レイクチャンプ」.http://lake-champ.com/odl0075.htm
(※06)よしさん(2008):「これがソウギョの糞塊だ(千葉県雄蛇ケ池の事例)」.亀山湖牛久沼ワカサギ情報.http://wakasagi.jpn.org/
(※07)よしさん(2008):「ハスの茎(葉柄)とレンコンの断面」.亀山湖牛久沼ワカサギ情報.http://wakasagi.jpn.org/
(※08)よしさん(2008):「マコモの葉の断面と茎の断面」.亀山湖牛久沼ワカサギ情報.http://wakasagi.jpn.org/
(※09)よしさん(2008):「ヨシの葉の断面と茎の断面」.亀山湖牛久沼ワカサギ情報.http://wakasagi.jpn.org/

採取:2008年11月21日(金) 13:00 天候○ 気温:15.0℃ at15:00
水位:YP5.68m 水温:10.7℃ at13:00 水色ややマッディー
発表:2008年11月30日(日) 牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
転載許可:牛久沼漁業協同組合ホームページに本稿転載を許可します。よしさん。
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ