牛久沼(房内橋下)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku swamp.
fig.00 東谷田川房内橋
fig.00 東谷田川房内橋 Bouchi bridge.
fig.01 ケンミジンコ属
fig.01 ケンミジンコ属
Cyclopoida sp.
fig.02 ハリナガミジンコ
fig.02 ハリナガミジンコ
Daphnia longispina
hyalinagaleata
fig.03 チビワムシ属
fig.03 チビワムシ属
Colurella sp.
fig.04 ナベカムリ属
fig.04 ナベカムリ属
Arcella sp.
(有殻アメーバ)
fig.05 クサリケイソウ
fig.05 クサリケイソウ
Bacillaria paradoxa(GMELIN)
【結果】
2008年10月16日に、茨城県牛久沼の房内橋下(st.ub)で、観察されたプランクトンです。
多く観察されたのは、伸び縮みするクサリケイソウ(fig.05)で、次点はケンミジンコ(fig.01)です。
小型のチビワムシ属(fig.03)は、牛久沼で初確認しました。

【考察】
房内橋下のプランクトン調査に、今回初めて挑戦しました。
予想通り、川筋は流速もあり(浮遊生物は流されるため)プランクトンの種類は少数でした。
海産と淡水産が同一のクサリケイソウが多く見られた事実から、太古の海跡湖の名残(※01)か、現在の流域からの 流入事情(肥料・事業所排水・高速道路凍結防止剤)かによるNaclやKcl値が高い水質とも、推定されます。
写真は未掲載ですが、デトリタス(※02)の多いことは、ヘラブナの成長に寄与し、 水深1m程度の泥底から、上流ほど砂泥底に変化し、冬季にワカサギが釣れることは、ワカサギの産卵場の可能性を 示唆しています。

【参考文献】
(※01)よしさん(2006):「なぜ、牛久沼がワカサギの自然繁殖に適しているのか」.亀山湖牛久沼ワカサギ情報.http://wakasagi.jpn.org/
(※02)よしさん(2008):「牛久沼のデトリタス」.亀山湖牛久沼ワカサギ情報.http://wakasagi.jpn.org/
(※03)よしさん(2008):「つくば市房内の地名起源考」.亀山湖牛久沼ワカサギ情報.http://wakasagi.jpn.org/

採取:2008年10月16日(木) 10:00 天候○ 気温:19.0℃ at09:00
水位:YP5.77m 水温:未測定 水色ややマッディー
発表:2008年10月22日(水) 牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
転載許可:牛久沼漁業協同組合ホームページに本稿転載を許可します。よしさん。
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ