牛久沼(レンタルボートたまや沖)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku swamp.
fig.01 ゾウミジンコ
fig.01 ゾウミジンコ
Bosmina longirostris
fig.02 ケンミジンコ属
fig.02 ケンミジンコ属
Cyclopoida sp.
fig.03 ヒゲナガケンミジンコ
fig.03 ヒゲナガケンミジンコ
Diaptomidae sp.
fig.04 オオアタマミジンコ(部分)
fig.04 オオアタマミジンコ
Diaphanosoma dubia MANUILIOVA
fig.05 フクロワムシ
fig.05 フクロワムシ
Asplanchna priodonta
fig.06 ツボワムシ
fig.06 ツボワムシ(変異型)
Brachionus calyciflorus f.amphiceros
fig.07 ブタペストツボワムシ
fig.07 ブタペストツボワムシ
Brachionus budapestinensis DADAY
fig.08 ツノワムシ
fig.08 ツノワムシ
Schizocerca diversiconis
fig.09 ツメナガネズミワムシ
fig.09 ツメナガネズミワムシ
Trichocerca cylindrica
fig.10 ハネウデワムシ
fig.10 ハネウデワムシ
Polyarthra frigla
fig.11 ナガミツウデワムシ
fig.11 ナガミツウデワムシ
Filinia longiseta
var.passa
fig.12 不詳
fig.12 不詳
Unknown
【結果】
茨城県牛久沼のレンタルボートたまや沖(st.ut)で、2008年07月15日に観察された、動物プランクトンです。
今回の優占種は、比較的に大型のオオアタマミジンコ(旧オナガミジンコ fig.04)でした。
三日月橋下(st.um)のプランクトン(別項参照)と合わせ、今月は、 ミジンコ類4種・ワムシ類9種・その他2種の合計15種の出現を確認しました。

【考察】
前月に続き、豊富なプランクトン相が確認され、良好な餌料環境が継続しています。
ただ、夏季の好天による高水温は、ワカサギの成長を阻害するとされますから、今後の 水温とワカサギの成長の推移の相関を見守りつつ検証し、牛久沼における資料を 蓄積してゆくことが必要でしょう。

採取:2008年07月15日(火) 09:00 天候◎○ 気温:26.0℃ at09:00
水位:YP6.06m 水温:29.0℃ at09:00 水色ややマッディー
発表:2008年07月25日(金) 牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
転載許可:牛久沼漁業協同組合ホームページに本稿転載を許可します。よしさん。
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ