牛久沼(三日月橋下)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku swamp.
fig.01 ヒゲナガケンミジンコ
fig.01 ヒゲナガケンミジンコ
Diaptomidae
fig.02 ゾウミジンコ
fig.02 ゾウミジンコ
Bosmina longirostris
fig.03 ダフニア
fig.03 ダフニア
Daphnia pulex
fig.04 タマミジンコ属
fig.04 タマミジンコ属
Moina sp.
fig.05 不詳
fig.05 不詳
Unknown
【よしさんコメント】
2008年06月16日に、茨城県牛久沼の三日月橋下(st.um)で、観察された動物プランクトンです。
前月は小型プランクトンが多く観察されましたが、今回はゾウミジンコ(fig.02)・ダフニア(fig.03)・ ヒゲナガケンミジンコ(fig.01)と、中型プランクトンを確認しました。
タマミジンコ属(fig.04)は、春〜夏季の水田等に生息する普通種とされ、流域に水田の多い稲荷川・三日月橋下で、 田植えの済んだ時期に見られた原因は、水田からの流入が考えられます。
優占種は特にありません。
あたかも、牛久沼で増殖した稚魚主力群の、成長に合致したような餌料プランクトン相と思われ、 自然界のエスカレーター機能に驚かされます。

定期的に継続される、魚類の餌料環境調査は、重要な漁場資源管理のマイルストーンです。

採取:2008年06月16日(月) 08:00 天候○ 気温:23.0℃
水位:YP5.95m 水温:未測定 水色ややマッディー
発表:2008年06月22日(日) 牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
転載許可:牛久沼漁業協同組合ホームページに本稿転載を許可します。よしさん。
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ