牛久沼(三日月橋下)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku swamp.
fig.01 ツボワムシ
fig.01 ツボワムシ(変異型)
Brachionus calyciflorus f.amphiceros
fig.02 不詳
fig.02 不詳
Unknown
fig.03 デトリタス
fig.03 デトリタス
Detritus
【よしさんコメント】
茨城県牛久沼の三日月橋下(st.um)では、少数のツボワムシ(fig.01写真)を 観察しました。
しかし、他の動物プランクトンは未確認です。

前月(2008年01月)に続き、餌料プランクトンの種類と量は、豊富ではありませんでした。
ツボワムシは、抱卵個体が多く、ワカサギふ化仔魚の命をつなぐものとして、今後の水温上昇期に 増加が期待されます。

採取:2008年02月17日(日) 09:00 天候○ 気温:1.0℃
水位:YP5.72m 水温:未測定 水色ややマッディー
発表:2008年02月27日(水) 牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
転載許可:牛久沼漁業協同組合ホームページに本稿転載を許可します。よしさん。
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ