牛久沼(三日月橋下)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku swamp.
fig.01 ツボワムシ
fig.01 ツボワムシ(変異型)
Brachionus calyciflorus f.amphiceros
fig.02 不詳
fig.02 不詳
Unknown
fig.03 不詳
fig.03 不詳
Unknown
【よしさんコメント】
茨城県牛久沼の三日月橋下(st.um)では、少数のツボワムシ(fig.01写真)を 観察しました。
しかし、他の動物プランクトンは未確認です。

同日の稲荷川三日月橋下における、よしさんのワカサギ釣果(ボート釣り・全長8〜10cm級)は、
144尾 506g K=3.50でした。

今回は、魚群探知機にワカサギの群れが鮮明に映り、実際に釣れているポイントでプランクトンネットを曳く幸運に恵まれました。
結果は案に相違し、前月(2007年12月)に続き、餌料プランクトンの種類と量は、ポイントに存在したワカサギ(推定)資源量を下回るように考察され、 プランクトン以外の餌料の存在が暗示されると共に、摂餌以外の目的でワカサギが集団化していた可能性も示唆されます。

採取:2008年01月15日(火) 15:00 天候○ 気温:7.0℃ 風:東2m/秒
水位:YP5.75m 水温:4.6℃ 水色ややマッディー
発表:2008年02月24日(日) 牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
転載許可:牛久沼漁業協同組合ホームページに本稿転載を許可します。よしさん。
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ