牛久沼(レンタルボートたまや沖)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku swamp.
fig.01 ケンミジンコ
fig.01 ケンミジンコ
Cyclopoida
fig.02 フトオケブカミジンコ
fig.02 フトオケブカミジンコ
llyocryptus sordidus(LIEVIN,1848)
fig.03 フクロワムシ
fig.03 フクロワムシ
Asplanchna priodonta
fig.04 ツボワムシ
fig.04 ツボワムシ(変異型)
Brachionus calyciflorus f.amphiceros
fig.05 ツボワムシ属の一種
fig.05 ツボワムシ属の一種
Brachionus
fig.06 ハネウデワムシ
fig.06 ハネウデワムシ
Polyarthra
fig.07 サヤツナギ属
fig.07 サヤツナギ属
Dinobryon(原生動物)
fig.08 クサリケイソウ(縮)
fig.08 クサリケイソウ(縮)
Bacillaria paradoxa(GMELIN)
fig.09 センチュウの一種
Nematoda
fig.09 センチュウの一種 Nematoda
fig.10 ミドリムシ
写真左側に鞭毛が見える
fig.10 ミドリムシ Euglena属
【よしさんコメント】
茨城県牛久沼(三日月橋下流)で実施した、今回のプランクトン定期調査における底層採取物から ヒントを得て、レンタルボートたまや沖(st.ut)で、今回は底層を含むサンプリングを実施しました。

その結果、牛久沼(レンタルボートたまや沖)における優占種は、小型のツボワムシ(fig.04写真)及び 超小型のツボワムシの一種(fig.05写真)でした。
次いで、中型のフクロワムシ属(fig.03写真)がやや多く観察され、他のプランクトンは少数でした。

底層を這い、または何かに付着する生活をする種は、フトオケブカミジンコ(fig.02写真)・ サヤツナギ属(fig.07写真)・センチュウの一種(fig.09写真)を観察しています。
ユーグレナ属のミドリムシは、前回10月に続き採取し、鞭毛を伸ばす姿を撮影しました(fig.10写真)。

牛久沼(レンタルボートたまや沖)11月のプランクトンは、超小型〜小型〜中型まで揃っており、 魚類は成長段階に応じた開口時の口径に見合う餌料を選択可能で、餌料系列的に優れています。
ミドリムシ(fig.10写真)は、良質のタンパク質・ビタミン・ミネラル等を豊富に含むことが 近年の研究で解明されています。
従って、餌料系列および栄養面の双方において、牛久沼における魚類の餌料環境は良好と判断できます。
気がかりを、ひとつだけ挙げれば、ケンミジンコ類・オナガミジンコ・ノロ等の大型〜超大型プランクトン を発見できなかったことです。
現在、8〜11cm級に成長した牛久沼のワカサギの餌料効率面で、より大型の餌料が 必要になると推測されるからです。
あるいは既に喰い尽くされ、底性生物等に餌料の主体が移行しているかも知れません。
採取:2007年11月16日(金)09:00 牛久沼(茨城県龍ケ崎市)レンタルボートたまや沖にて
天候○ 水位:YP5.68m 水色ややマッディー
発表:2007年11月24日(土) 牛久沼漁業協同組合顧問 よしさん
調査協力:牛久沼レンタルボートたまや
転載許可:牛久沼漁業協同組合ホームページに本稿転載を許可します。よしさん。
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ