牛久沼(三日月橋下流)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku swamp.
fig.01 ダフニア
fig.01 ダフニア
Daphnia pulex
fig.02 クサリケイソウ(伸)
fig.02 クサリケイソウ(伸)
Bacillaria paradoxa(GMELIN)
fig.03 挺水植物の水没腐葉(部分)
fig.03 挺水植物の水没腐葉(部分)
The humus of the low-water plant.
【よしさんコメント】
茨城県牛久沼における、プランクトン定期調査ポイントのひとつ三日月橋下(st.um)は、 障害物のためサンプリングできませんでした。
100m下流の右岸から(水深50cm程度の場所)プランクトンネットを投げましたが、 結果はご覧の通り、ヨシ・マコモ・ガマ等挺水植物の水没腐葉(fig.03写真)が多く、 プランクトンの存在を反映した調査結果を得られませんでした。

ワカサギの釣果は、2007年11月18日157尾、11月23日173尾(いずれも8〜11cm級・稲荷川・ボート釣り)と、 好調で、状況面からはワカサギの餌料たるプランクトンの存在が示唆されます。

採取:2007年11月16日(金) 08:00 天候○ 水位:YP5.68m 水色ややマッディー
発表:2007年11月24日(土) 牛久沼漁業協同組合顧問よしさん
転載許可:牛久沼漁業協同組合ホームページに本稿転載を許可します。よしさん。
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ