牛久沼(レンタルボートたまや沖)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku-swamp.
fig.01 オナガミジンコ
fig.01 オナガミジンコ
Diaphanosoma
fig.02 ハネウデワムシ
fig.02 ハネウデワムシ
Polyarthra
fig.03 フクロワムシ
fig.03 フクロワムシ
Asplanchna priodonta
fig.04 ナガミツウデワムシ
fig.04 ナガミツウデワムシ
Filinia longiseta
fig.05 テマリワムシ
fig.05 テマリワムシ
Conochilus hippocrepis
fig.06 ネズミワムシ
fig.06 ネズミワムシ
Trichocerca
fig.07 ツボワムシ
fig.07 ツボワムシ(変異型)
Brachionus calyciflorus f.amphiceros
fig.08 ツボワムシ
fig.08 ツボワムシ(変異型)
Brachionus calyciflorus f.amphiceros
fig.09 ツボワムシ
fig.09 ツボワムシ(変異型)
Brachionus calyciflorus f.amphiceros
fig.10 ツボワムシ
fig.10 ツボワムシ(変異型)
Brachionus calyciflorus f.amphiceros
fig.11 ツボワムシ
fig.11 ツボワムシ(基本型)
Brachionus calyciflorus Pallas
fig.12 ツノワムシ
fig.12 ツノワムシ
Schizocerca diversiconis
fig.13 不詳
fig.13 不詳
unknown
【よしさんコメント】

牛久沼(レンタルボートたまや沖)の優占種は、ツボワムシでした。次いでフクロワムシ属・ナガミツウデワムシがやや多く見られ、 オナガミジンコは極少でした。
牛久沼のナガミツウデワムシ(fig.04参照)は、今回の調査が初見で、レンタルボートたまや沖と三日月橋下で観察 されました。
ネズミワムシ(fig.06参照)とツノワムシ(fig.12参照)も、今回の調査が初見で、ツノワムシはレンタルボートたまや沖と西谷田川細見橋下で観察されました。

今回の調査で確認されたレンタルボートたまや沖の動物プランクトンは、 ワムシ類7種+1変異型・ミジンコ類1種・不詳1で、ワムシ類が豊富な水域であることが判ります。
優占しているツボワムシが、卵を持ち増殖している様から、06〜07月に仔魚期を過ごす魚類の初期餌料は、 十分である可能性が高いと考えられます。
採取:2007年06月24日13:30 天候◎ 水位:満水 水色ややマッディー
発表:2007年07月02日 牛久沼漁業協同組合顧問 よしさん
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ