牛久沼(西谷田川細見橋下)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku-swamp.
fig.01 ケンミジンコ
fig.01 ケンミジンコ
Cyclopoida
fig.02 ヒゲナガケンミジンコ
fig.02 ヒゲナガケンミジンコ
Diaptomidae
fig.03 オナガミジンコ
fig.03 オナガミジンコ
Diaphanosoma
fig.04 ハネウデワムシ
fig.04 ハネウデワムシ
Polyarthra
fig.05 フクロワムシ
fig.05 フクロワムシ
Asplanchna priodonta
fig.06 クンショウモ
fig.06 クンショウモ
Pediastrum(緑藻)
fig.07 ツボワムシ
fig.07 ツボワムシ(変異型)
Brachionus calyciflorus f.amphiceros
fig.08 ツノワムシ
fig.08 ツノワムシ
Schizocerca diversiconis
fig.09 ツノワムシ(卵)
fig.09 ツノワムシ(卵)
Schizocerca diversiconis
【よしさんコメント】

牛久沼(西谷田川細見橋下)の優占種は、オナガミジンコでした。次いでハネウデワムシとツボワムシがやや多く見られ、 ケンミジンコは極少でした。
牛久沼のツノワムシ(fig.08-09参照)は、今回の調査が初見で、西谷田川(細見橋下)と、レンタルボートたまや沖の2ケ所で観察 されました。

この調査で確認された小型動物プランクトン類(ツボワムシ・ツノワムシ・ハネウデワムシ)は、 産卵期に入った牛久沼のモツゴ(クチボソ)の、まもなくふ化する仔魚の 初期餌料として重要な役目を果たすものと判断されます。
採取:2007年06月24日09:00 天候◎ 水位:満水 水色ややマッディー
発表:2007年07月02日 牛久沼漁業協同組合顧問 よしさん
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ