牛久沼(西谷田川・細見橋下)の動物プランクトン
牛久沼(西谷田川・細見橋下)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku-swamp.
牛久沼(西谷田川・細見橋下)
茨城県・牛久沼(西谷田川・細見橋下)
fig.01 ケンミジンコ
fig.01 ケンミジンコ
Cyclopoida
fig.02 ミジンコ
fig.02 ミジンコ
Daphnia
fig.03 オナガミジンコ
fig.03 オナガミジンコ
Diaphanosoma
fig.04 不詳
fig.04 不詳
un-known
fig.05 ミクロキスティス(藍藻)
fig.05 ミクロキスティス(藍藻)
Microcystis Aeruginosa
fig.06 コバンケイソウ属(珪藻)
fig.06 コバンケイソウ属
Surirella(珪藻)
fig.07 オビケイソウ属(珪藻)
fig.07 オビケイソウ属
Fragilaria(珪藻)
fig.08 ツヅミモ科(緑藻)
fig.08 ツヅミモ科
Desmidiaceae(緑藻)
fig.09 クンショウモ属(緑藻)
fig.09 クンショウモ属
Pediastrum(緑藻)
【よしさんコメント】

牛久沼(西谷田川・細見橋下)の優占種といえるほど、個体数の多い種は、ありませんでした。
流域に水田が多いことから、コバンケイソウ属の出現は順当かと思われます。

全長70〜85mmに成長したワカサギは、牛久沼(西谷田川・細見橋下)でfig.01〜fig.03に示した ミジンコ類を餌料としている可能性が高いものと推定されます。
牛久沼(西谷田川・細見橋下)では、プランクトンより大型の水生昆虫の幼生2種も採取・確認しましたので、 ワカサギが遭遇できれば、水生昆虫の幼生は効率の良い餌料となるでしょう。
採取:2006年09月29日10:00 天候○◎ 水位YP5.73m 水温22.0℃ 水色ややマッディー
発表:2006年10月06日 牛久沼漁業協同組合顧問 よしさん
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ