牛久沼(レンタルボートたまや沖)の動物プランクトン
牛久沼(レンタルボートたまや沖)の動物プランクトン
Microphotographs of the freshwater plankton of ushiku-swamp.
牛久沼(レンタルボートたまや沖)
茨城県・牛久沼(レンタルボートたまや沖)
fig.01 テマリワムシ(群体)
fig.01 テマリワムシ群体(中央はフクロワムシ)
Conochilus hippocrepis
fig.02 テマリワムシ
fig.02 テマリワムシ
Conochilus hippocrepis
fig.03 ゾウミジンコ
fig.03 ゾウミジンコ
Bosmina longirostris
fig.04 フクロワムシ
fig.04 フクロワムシ
Asplanchna priodonta
fig.05 ケンミジンコ
fig.05 ケンミジンコ
Cyclopoida
fig.06 ヒゲナガケンミジンコ
fig.06 ヒゲナガケンミジンコ
Calanoida
fig.07 ミジンコ(幼生)
fig.07 ミジンコ(幼生)
Daphnia
fig.08 ツボワムシ
fig.08 ツボワムシ
Brachionus calyciflorus
fig.09 藍藻類等の群集
fig.09 藍藻類等の群集
Microcystis群体(左と右)、 etc
【よしさんコメント】

牛久沼(レンタルボートたまや沖)の優占種は、テマリワムシ・フクロワムシでした。次いでゾウミジンコ・ ヒゲナガケンミジンコが多く、ケンミジンコ・ミジンコ・ツボワムシは少数派です。
植物プランクトンでは、ミクロキスティスの群体が多く見られ、 コバンケイソウ・イカダモの群体もあり、藍藻類・珪藻類・緑藻類が豊富な、いわゆる 富栄養化水域の特徴がうかがえます。

この調査で確認した小型〜大型動物プランクトンの存在から、牛久沼のメインインレット東谷田川筋(レンタルボートたまや沖)で ふ化したワカサギ仔魚の餌料環境は、定性的に良好である可能性が高いと判断されます。
今回観察した植物プランクトンからは、夏季の「水の華」の発生が懸念されます。 牛久沼の流域住民と事業者には、水質汚染・富栄養化に加担しない「牛久沼に優しい生活」「牛久沼に優しい事業」が求められ、 牛久沼を利用するビジターには、環境を悪化させない「牛久沼の配慮ある利用」が求められます。
採取:2006年05月17日12:00 天候◎ 満水位 水色ややマッディー
発表:2006年05月20日 よしさん
調査協力:牛久沼漁業協同組合  牛久沼レンタルボートたまや
牛久沼漁業協同組合

牛久沼のワカサギ環境調査ページへ